<<      イベント決定 ! 出張します!? | main |       ピンヘッド養成講座 ? >>

     祝・L7の復活

2015.01.29 Thursday






先に書いていたネタがあったけど、このニュースがアナウンスされたからこっちから書こうー! グランジ時代の女性バンドの先駆者『L7』がリユニオンでこの夏復活しツアーする。めっちゃ嬉しいーーーー♡


まだ生きてたの? と言う人もいるだろうが、VO.ドニータはずっとソロで活動していましたよー。何が嬉しいって、同じ年の女性が復活することが嬉しいし(願わくば)メンタリティも「丸くならず」に、グランジ時代のパンクな思想をかかげたままでいる彼女たちの存在が嬉しい。Vo.ドニータは(日本ではあんまり話題になっていないけど)、ブルーマン・グループみたいにブルーにペイントした顔でリスペクト(おちょくった?) Lou Man Group(もちろんルーリードのルー)バンドやソロで今も活動している。ブルーマン vs ルーマン・グループでググるとyou tubeにおもしろい映像が沢山あるので興味ある人はどうぞ。


カリフォルニアのお姉ちゃんは常にウィットに富んでいて今もぶっとんだまんま。95年のラモーンズのラスト・ショーの時に一緒に楽屋にもぐりこんだり、LAに行くとジョニーの家にも行ったけど、L7のメンバーと遊んだりしていた。自分が西海岸によく行ってた2005年の頃まではぜんぜん相変わらずファンキーなメンバー達だった。


私がL7を最初に聞いたのは、今から25年くらい前のデビュー・アルバム。年はとっくにバレるけど、当時シンコーミュージック出版社で働いてい、レコード店が沢山あるお茶の水のシカゴっていうレコード屋のお兄ちゃんに「ユキちゃん、この子たち絶対好き。LAのガレージでモーターヘッドやレイブンにラモーンズ足したみたいだもん。買え買え」と言われて買ったらもうどんぴしゃでハマった。
それでTシャツが欲しくなってLPの中に入っていた注文票に「Tシャツください。あなた達ラモーンズやモーターヘッドが好きでしょう?」と書いてお金を送ったらすぐにTシャツと返事が届いた。それがVo.ドニータとの最初の出会い。同じ年だったから話もあってすぐに打ち解けた。でも私は英語がぜんぜんできなかったから手紙に「私はあなたたちのTシャツが欲しいです」ではなくて、「私はあなたたちのTシャツになりたいです」と書いちゃって(want to じゃなくてwanna be)ドニータの返事には「L7のTシャツになりたい奴はあなたが最初」と言ってあとで笑われたが、これが日本から最初の手紙だったと言っていた。





その後は何度か来日を果たし、ラモーンズのジョーイが大好きだから、LAのクラヴをハング・アラウンドしたりつるんだ。ラモーンズが来日していた時にジョーイに「友だちのLAのバンドにサインちょうだい」とお願いしたら「何ていうバンド?」と聞かれたので「L7」と答えたらサインには「don't be square! joey」と書いてくれた。このセンス!!! さすがジョーイ。ウィットにとびまくっていて思わず「わ、ジョーイ、サイコー♡」と私が喜んだ。(←この話は初公開かな?) 意味は「四角く(頭が硬く)なるなよ」Lと7という字は四角になるから。サインはそこらへんにあった紙皿に書いてもらった。ドニータはアイドルからのサインにえらい喜んでたっけ。

94年4月と印字されているこの浅草の写真はその頃の思い出。写真のポーズ、何でこんなふうにしているかというと、当時使い捨てのフィルム・カメラで"3D立体"というのが流行っていて、ポーズを前後に出して動きをつけた方がおもしろいのが撮れたから。





LAにもX(エックス)のVoがいるけど、NYの狂気のクイーン、リディア・ランチを西で継承しているパンク版「女」がドニータだと思う。今日は「女性」とは書かずに「女」という表現で書いているけど、良くも悪くも女であることに対しての偽りがない。それを武器にして反体制を表現していた。その象徴が90年代にイギリス(だっけ?)のテレビの生放送で演奏の最後にパンツを下げて下半身をオンエアーしたコレ(笑)  やることハンパなかったから、ミュージシャンには支持されていた。L7の復活はメンバーの一人ギターのスージーがまた活動出来るようになるまでは、やらないと言ってたから、やっと彼女も元の生活に戻れたということなんだろう。


ロックが元気がないと言われる今、もはやアラフィフの同級生(笑)、L7が暴れてくれることをめっちゃ期待しちゃうなあーー♡
自分も頑張ろうーっと!












 


            

スポンサーサイト

2017.08.25 Friday

  • Author : スポンサードリンク
  • -
  • 12:30
  • -
  • -
  • -
  • -

            
コメント
コメントありがとう。来日してほしいですよねぇ。すぐに決まらないのはギャラが高いのか。日本は好きな国なので再スタートのチャンスを逃してほしくないですね。
  • ユキ
  • 2017/03/01 10:12 AM
初めまして★スージー様の大ファンのものです!浅草のお写真など、羨ましくブログ読ませてもらいました!ドニータラモーンズが大好きなんですねっ!また来日してほしいですね!
スージー様が一緒にできるまでL7やらなかったといってたというのは、なにか彼女は、他のことで忙しかったのですかねー?
どちらにしても復活されて、それをYouTubeで見て
こんなにハマったので、うれしいです!
  • れもん
  • 2017/02/22 9:05 PM
遅くなりましたがお返事ありがとうございます!
そうですね、無理はしないで欲しいです。
またブログ遊び来させてもらいます!!
  • Okawa
  • 2016/03/11 1:42 PM
コメントどうもありがとう。あれからL7はヨーロッパのフェスに出演し、ツアーも回ってました。一度エージェントの手違いでフェスに出られなくなったとFacebookで報告していたけど、同世代の自分としては、ガンガン突っ走らず、無理ない感じでツアーを続けて欲しいです。
  • ユキ
  • 2016/02/15 11:56 AM
L7復活してたの今日知りまして辿り着き楽しく読ませて頂きました!
ぜひ日本に呼んでください笑
自分が行こうかな!
フランスのフェス動画見て泣いちゃいました。
失礼しました!
  • Okawa
  • 2016/02/12 9:46 PM
私が知ったときはどうだったかさだかではないのですが、ライブはまだ一度もみたことがないですが、カバーしたり今のうちのメンバーとL7で繋がったりと、思い入れあります!
L7の方々とお友達だなんてすごく羨ましいです!前座狙います!(笑)これからもブログ拝見させていただきます!ありがとうございます!
  • キャサリン
  • 2015/02/02 12:50 PM
キャサリンさん> コメントありがとうです。L7のことをどれだけの人が覚えているのか…と思っていたけれど、根強いファンからの反応が結構あって嬉しいです。メンバーにも伝えておきますよ。本人たちは日本には常に来たいと思っているんで期待しましょう!
  • ユキ
  • 2015/02/02 9:20 AM
L7復活の噂を聞き調べたらほんとだった!(嬉)自身はグランジバンドやってますがこの勢いで日本でも盛り上がればいいなー!ブログ見させてもらいなおテンションあがっております!(T^T)
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」