<<    『人間椅子』の30周年記念完全読本の中の撮影秘話 | main |      映画『新聞記者』を見ました >>

     クリップ・イン・マイ・ストマック

2019.07.05 Friday

 

 

 


というタイトルのブログを書いておきたいと思います。

 

 

久しぶりにブログ書くのにそのネタかい? ! と突っ込まれそうだけど、ブログって自分の記録用なところもあるので書いとこうと思う。

 


一昨年の暮れに、胃の下の方にポリープが見つかりそれを取るために入院した(と言う話はココに書いた)。そのポリープは胃カメラみたいな器具で30分でオペ終了。痛みもなく傷口がかさぶたになるまで「安静にしてなさい」と1週間も虎ノ門病院にいた。それで毎日NETFLIXでドラマを見まくって、韓国語の勉強してリラックスして退院。

 


その入院から2ヶ月後。胃カメラで術後の跡を確認すると「きれいに治ってます。止血用のクリップだけまだあるけど。それはそのうち勝手に取れてうんちと一緒に落ちるから放っといて。好きなもの食べてください。お疲れ様でした」と晴れて自由の身になった。

 

 

あれから1年、健康はマメな診断が大事だから、かかりつけの胃腸病院の院長に定期健診の胃カメラをやってもらうことにした。結果は…

 


「胃の壁も肌と同じように歳を取るんだけど、あなたの胃の壁は40代くらいな状態で問題ないよ」と言われ「うひょ〜(嬉)」と喜んでいた。何しろさんざん悪さをしてきてる。1日タバコは2箱吸ってたし、スパイシーなものも辛いもの大好きで胃をいたわってこなかった。それでも50歳OVERの今、合格が出た。続けてドクターがこう言った。「でも、胃にまだクリップがあるよ」

 

 


ん?  クリップ?

 

 

 

 

 

↑これではなく、これ↓

 

 

 

 


「ポリープ取った時に止血で止めたクリップがまだあるんだよ。頑丈だねえ」と言いながらパソコンのモニターを見ると、ニョキッと2つのクリップがピースしているみたいについていた。胃に。何だかクリップにバカにされてるみたい。ピース…( ^  ^ )v

 


それで「これ、あって大丈夫なんですか?」と聞くと「普通はかさぶたみたいになって、半年くらいで落ちてうんちで出るんだけどね。たまにいるよ。こうゆう人」。たまにいるらしいから問題ないならいいか。クリップと共存しても。

 


でも胃に金属のクリップがあるなんて…この歳で資格でもゲットしたようなスペシャルな気分!?   今こそロズウェル(=ニューメキシコのUFOが落ちた現場)に行けば、未確認飛行物体に見つけてもらえるかもと妄想し(本当に行ってきたロズウェル探検記録はコチラ)、キカイダーな気分。w  友達からは「サイボーグっぽい」と言われますますその気になっている。

 

 

 


久しぶりのブログにくだらないことを記録しておきたくて書いた。起承転結の「結」が無いけれど、来年の今頃また定期検査の胃カメラをやるのでお楽しみに!?  さすがにその頃は「もう無い」と思うけど...あるのか? あればもう体の一部だ。嬉。

 

 

…続編は来年。お楽しみに?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



            

スポンサーサイト

2019.08.10 Saturday

  • Author : スポンサードリンク
  • -
  • 00:01
  • -
  • -
  • -
  • -

            
コメント
コメントする









calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」