<<      渡米計画スタート : THE WHO | main |      RAVEN4度目の来日裏話し >>

    RAVEN来日アーカイブ思い出と裏話 : 1995〜2015

2019.03.07 Thursday

 

 

 

 

 

 

4度目の来日公演目前のRAVENネタをもう1本。その前に3度目の来日公演の時に、RAVENの記事を10回に渡りSPIRITUAL BEASTのサイトで連載したけど、それもまだ生きているようなのでご覧になっていない方はこちらもどうぞ

 

 

 

1995年 : 初来日は今から24年前のチッタ。ラモーンズも解散をアナウンスをした慌ただしい年に必ずRAVENのネタが降ってくるというのが私の人生。RAVENはアルバム『GLOW』をZEROコーポレーションからリリースしたけど、正直元気が無く、らしくない作品になった。その理由を現在、発売中のライヴ盤のライナーでB! 奥野クンが明かしている。「喉の不調で声が出せなくなった」ことが原因と。

 

それでも『GLOW』リリースから初来日に繋がったのは元 B!編集長とZEROコーポレーションの関係者の皆さんが来日に向けてあれこれプッシュしたことも影響したと思う。もしかするとこれは最初で最期かと当時は思えたが、そんな時に来日公演が決まっちゃうのもこのバンドの持つしぶとさなのかもしれない。そしてこの初来日公演もそのこと(声の問題)を記録したライヴ盤として残った。セトリは載せないのでライヴ盤で。

 

 

 


初来日はライヴも見たいが撮りたいしで大変だったけど、意味ある公演を撮れた。この後日本に滞在してスタジオに入りライヴ盤のミックスをしてバンドは帰国。こう書きながら何だか余裕のある時代だなと思う。スタジオではフィルム写真のセレクトをメンバーとした。86年にニューヨークでジョンと初めて会い、私が写真の修行でニューヨークにいる間も会ってはいたが、10年後に東京のスタジオでライヴ写真のセレクトをしているとはね。仕事になったことも感慨深い。とにかく初来日で一歩進んだ。

 

 

 

 

2009年 : 2度目の来日公演まで14年もかかるとは思ってもいなかった。マークが2000年にヘリで運ばれるほどの大事故に合い車椅子生活になってしまったことも影響した。でも2000年半ばから海外にライヴを見に行ったファンのレポートからは徐々に復活していく様子は伝わってきた。車椅子→松葉杖→棒立ちだけど、ステージに立てる→ステージでスライディングした。と。そして2度目の来日が実現。

 

東京は渋谷O-EAST。キングレコードからリリースした『Walk Through Fire』は日本発信で海外でのリリースも決まりだしバンドに少しでもLuckが訪れたと思え本当に良かった。O-EASTのライヴは撮るのも見るのもようやく余裕が出来てやっと曲やライヴを撮りながらでも普通にを味わえた気がする。O-EASTの楽屋や撮影をするスペース(が上の階に)あり、そこで談笑しながら円山町の景色を眺めていた。今回の公演初日でも飛び入りするマーティ(フリードマン)を、2009年にメンバーに紹介したのが最初。この頃はメタル・ファンがマーティとRAVENがなぜ繋がっているのかを知らず驚いていた。RAVENと私とマーティの関係は書籍『メタル現場主義』に書いたのでここでは割愛。

 

 

 


2015年 :  6年振り3度目の公演。NWOBHMをプッシュするスピリチュアルビーストから『Extermination
』をリリース。コンスタントに来日も決まった。もうクローズしてしまった原宿のアストロホールというステージ面積の小さい小屋だったので、天井やその辺の機材を壊しそうでリハーサルの時からヒヤヒヤ。バンドはどうせおかまい無しなんだろうけど。と言えるほどマークがマークらしいパフォーマンスをできるようになっていたということ。

 

 

2009年のO-EASTの時のリハでは実はまだほとんど定位置から動けなかったのだ。このバンドの歴史は不運続きだけど、ステージに立てればそれでいいというメンタリティと情熱だけをもしかしたら一番感じた公演がアストロホールだったかもしれない。客観的に過去3回の来日公演のことを振り返ると、ジョー・ハッセルバンダーの存在がファンの好みを左右したし作品とも比例していたが、この原宿の公演は日本で見ることのできたRAVENの公演の中でもとても彼ららしいショウだったと思う。もちろん初来日の感動は越せないけれど、コンパクトながらアスレチック・ロックの真骨頂を見せてくれたと思う。

 

 

 


そして2019年3月14&15日。いよいよ来週。ドラマーにMike Hellerを迎えての新しいRAVENを拝める。グループ・ショットもライブ撮影もこんなに長く撮っているバンドはいないかも。ジョンは今、声(喉)のためにヨガからの声帯を維持するトレーニングを取り入れたそうで納得。久しぶりにテレキャスのザクザクにエキサイトしたい ! !  


すべての写真の無断転載禁止 / All Photos©yuki kuroyanagi.

 

RAVEN関連のブログはここにも書いてます

 

 

 

 

 

 

 

 

 



            

スポンサーサイト

2019.08.10 Saturday

  • Author : スポンサードリンク
  • -
  • 18:30
  • -
  • -
  • -
  • -

            
コメント
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」