<<      アスレチック・トリオの近況報告 その2 | main |     RAVEN来日アーカイブ思い出と裏話 : 1995〜2015 >>

     渡米計画スタート : THE WHO

2019.03.01 Friday

 

 

 


久しぶりにアメリカを走ることにした。ランニングではなくもちろん車。
「爆走ライディング」好きだし、MLB観戦とアメリカの国立公園巡りも好きなので、30代で遅い免許を取ったのもメジャーの延長戦を見のがさないためという現実的な理由。旦那ともラスベガス周辺の4州は巡ったりしてきた。今回は女友だちと気ままにモーテルを泊まり歩き(アメリカの)温泉に入ったりする旅。

 

 

 


旅は目的や嗜好や価値観が同じ相手と行くのが正解。ラモーンズ・ファンと行った聖地巡礼ツアーもそうだし、ナバホのエリアが好きなので、そこに対しての興味や価値観も同じ相手と行く旅は感動もシェアできる。今回の本当の目的はTHE WHOのUSA TOURだ。チケットもゲットしフライトもマイレージで確保。これで仕事に張り合いも出る。

 

 

 


日本で待っているだけじゃ自分の好きなバンドを見逃すことを知り、海外に目を向けたのは20代の時1980年代。自分の好きなバンドは見事に日本に来なかった。

 

 

1989年に『Tommy』を再現するショーがアナウンスされ迷わず決めた。キース・ムーンが死んじゃった時、行動を起こせば見られたのに見れなかったことに後悔した。あのドラミングを生で見ていたら (My Generation live 1967) 人生感、ロック感、間違いなく変わっていたはず。狂ってていいんだ、と(笑)。

 

 

 

 

Tommy』は私にとって無人島に持って行く一枚なので即決。円柱のロイヤル・アルバート・ホールもあの映画にぴったりで、出発前日に足を縫う怪我をして靴を履けなくなったから、ゴジラのスリッパを履いて飛行機に乗りロンドンに降り立った(実話)。その時のゲストはこんな感じ。こんなの絶対1980年代の日本で見られるわけがなかった。エルトンジョンはもちろんピンボールのエルトンで登場(号泣)。Steve Winwood (Eyesight To The Blind), Patti Labelle (The Acid Queen), Billy Idol (Cousin Kevin), Phil Collins (Uncle Ernie) and Elton John (Pinball Wizard). このライヴは1989年の10月だったから、ちょうど30年後の今年、私はまたTHE WHOをアメリカのハリウッド・ボウルで観ることになる。

 

 

そしてTHE WHOを2本見たらアメリカを走ります。 あれもしたい、これもしたい、あれも食べたい、あれも買いたい。欲張り欲求を満たすためにGWもスルーしてとにかく働くぞ。頑張ろう自分 !

 

 

 

 

Life's Gas, Life is short by joey ramone.

ジョーイの包み込むような声が素敵なこの曲をテーマにしよう。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ROCK



            

スポンサーサイト

2019.08.10 Saturday

  • Author : スポンサードリンク
  • -
  • 12:47
  • -
  • -
  • -
  • -

            
コメント
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」