<<      初めての高知ドライヴ・前 | main |       高知で知る東京の「あたりまえ」 >>

     初めての高知ドライブ・中

2019.01.08 Tuesday

 


↑中(なかではなく中編という意味…)

 

 

 

 

 

 

南国高知は本当に暖かくてコートやマフラーは不要でした。阪神がキャンプ地にしている安芸(あき)を通過すると立派な球場が見えた。スカイラインを走る途中で見つけた(普通の)球場も↑プロが使うのか、高校野球で使うのか、観客席も沢山ある立派な球場に遭遇。手動のスコアボードがいい味出している。浦和の球場より全然立派...泣。

 

 

 

 

お遍路さんのホテルだからと期待していなかったら、朝ごはんが健康的な和食でめっちゃ美味しかった。朝の室戸岬へ出発。宿泊したホテルからは車で15分ほどで到着。海の波で打ち付けられてできた巨大な岩が集まっているエリアへ。遊歩道があるので歩きやすかったけど、台風か強風かで途中で道が壊されていた。海水と風に削られた自然の芸術(岩)はアメリカのブライスキャニオン(ユタ州)やアンテロープ・キャニオン(アリゾナ)と同じ構造で出来上がる自然の芸術。そろそろアメリカを走りたい。メジャーの球場も行きたいなぁ。。。

 

 

強風と波でこんなになっちゃうのね。。。

 

 

 

そしてガイド本に載っていた洞窟にも行った。潜ったりよじ登ったりするのが好きな我ら。昨年の今頃はレッドロック・キャニオン(ネバダ)にいた。

 

 

ガイド本に載っていた洞窟はまあまあ。テキサスのカールズバッドや秩父の鍾乳洞を見ている私たちには「普通」。これは高知のがダメというのわけではなく、観光ポイントのセレクトが今いちなのですよ。ガイド本て。いつも思うけど地方の観光地には、もっといい場所が沢山ある。でもいつもありきたりの方が載っているんだよね。観光課との癒着でもあるのか...? 

 

 

今回それで見つけたのはここ「伊尾木洞」どうしてここをもっとアピールしないのかなぁ。本当に神秘的な洞窟でした。写真には大きさがわかるように人物も入れて。沢は奥へ奥へと続くけど、17時に高知城で韓国語の先生だったミレちゃんと待ち合わせをしたので、切り上げて北上しました。

 

 

 

 

そして高知城はチームラボが高知城をデジタルアートで包むイベントをやっていることを知って一年ぶりの待ち合わせは高知城で。お城の外堀に投影したプロジェクション・マッピングがとても幻想的で美しくかっこよかった。ミレちゃんはお母さんになってて可愛い赤ちゃんと一緒に久しぶりの対面。飛行機に乗れば高知は遠くない。でも近くもない。気軽にファミレスでお茶しながら勉強できていた頃のありがたみを今さら知る。でも慣れない土地で一人頑張るミレちゃんと一年ぶりに会えて嬉しかった。そしてまた韓国語を頑張らねばと心に誓うのでした。。。(汗)

 

 

可愛いレイちゃん

 

 

ところで高知のガソリン・スタンドの値段はハイオク165円・レギュラー155円とめちゃ高い。これは山に挟まれた高知には陸路でガソリンが来るのに経費がかかるからだけど、ガソリン・スタンドは人が対応してくれるスタンドもセルフも全部均一価格。固定価格だった。なんで? 続く。。。

 

 

 

お遍路さん、お疲れ様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:国内旅行



            

スポンサーサイト

2019.03.19 Tuesday

  • Author : スポンサードリンク
  • -
  • 19:54
  • -
  • -
  • -
  • -

            
コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」