<<       今年は雨のフジロック | main |      ロック・フェスの真骨頂 >>

     ボブ君は優秀な被写体でした

2017.08.04 Friday

 

 

 

 


8月末公開の映画『ボブという名の猫』のお仕事で本物のボブ君を撮影してきました。

 

 


動物撮影は、何度かアシストしたことはあるけれど現場はとにかく大変。神経質だったりわがままな動物だと突然うんちしちゃったり、急に動かなくなったりしちゃうからね〜。あ。これ俳優やミュージシャンでも同じか?! うんちはしないけど(笑)

 

 

初対面のボブ君は、ロンドンからの長旅と時差ぼけで眠そう。。。。でも名前を読んだらちょっと目をひらいてくれました。ごめんね〜。起きてからも大人しくて、ぜんぜん鳴かないし環境の違いにも動じていない。新しいおトイレなのに、自分で行っておしっこをしてました。そのへんにしちゃわないおりこう猫ボブ君。

 

 

 

 

 

ストロボは、大丈夫かなと心配していたけど、まったく気にしていない様子。言われればハイタッチもしてくれちゃう大人以上のサービス精神、俳優以上の俳優!?  それでいて好奇心も旺盛で、映画館に到着すると、(ここには何があるんだろう?) という顔で周りの様子をうかがってました。でも落ち着かない様子とは違うんだよね〜。とても元・野良猫とは思えない。前世は人間に違いないっていうくらい落ち着いていて、映画の実話に納得。時々ジェームスさんを見守る番犬みたいな表情にもなってたり。こんな信頼 (師弟) 関係もあるのかもと思いました。

 

 

 


ねこじゃらしや爪とぎに、反応してくれるのも取材のため?  っていうくらい健気。舞台挨拶には『君の名は』の新海誠監督の愛娘で子役のちせちゃんが猫のかっこで登場したんだけど、彼女も超キュート。エレベーターの中でも挨拶の言葉をまちがえないように復唱し、自分のことは自分でちゃんとやっている姿がほんと可愛くてけなげでキュンキュンきちゃいました。猫と子供に魅了された1日。映画『ボブという名の猫』ぜひチェックしてくださいね。ボブくん、本当にそのまんまです。いやあれ以上かも〜。

 

 

舞台挨拶に出発〜⭐︎

 

ハイタッチ〜♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



            

スポンサーサイト

2017.12.07 Thursday

  • Author : スポンサードリンク
  • -
  • 11:19
  • -
  • -
  • -
  • -

            
コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」