<<       いよいよ〜♡FUJI ROCK 2017 | main |      ボブ君は優秀な被写体でした >>

      今年は雨のフジロック

2017.08.02 Wednesday

 

 

 

 

 


月曜日に苗場から戻りました。


ほぼ毎日雨でした。雨だから、、、撮影が終わるたびに機材をチェックしなければならない。
深夜に濡れた機材と自分のメンテをしなければならない。
体もレインコート着っぱなしだから、湿度で体力も消耗する。
と、あれこれ大変には違いないんだけど、、、、それでもフジロックは特別でした。それを再認識したな。
天気とか関係ないんだよねぇフェスに。音楽がすべてのダメージを払拭してくれるから。
そんなわけで、フェス・アディクツ、今年も楽しみました。

 

 

 

私の現場、グリーン・ステージのラインナップは、今年は自分にとって、ド・ストライクのバンドは出なかった。でもフェスの醍醐味は自分の知らないバンドから感動やらエネルギーをもらえること。だから、それはそれで楽しみだったし、昨年のヘッドラインにがっかりして以降、そうゆう意味でも今年は期待を捨てフラットな気持ちでライヴを見ることにしてみました。


雨で移動に時間がかかるため、グリーンとレッド・マーキーしか見れていないんだけど、印象的なバンドを勝手な順不同ベスト10。

 

・THE XX
・コーネリアス
・加山雄三 with ROUTE17
・Gukkasten
・Lucas Graham
・Bjork と花火
・JET
・Radwimps
・STRYPES
・G&Gミラー・オーケストラとプレスリー

 

 

80歳だという加山雄三さんの高そうなキラキラ光るモズライトはジョニー・ラモーンのとはぜんぜん違ったけど、かっこよかった。そしてバックに花田ー池畑ー井上の3人が並んでスーツでいるという絵は80年代ルースターズをおっかけていた私には「テキーラ」な感じでたまりませんでした♡ 加山さんの「君といつまでも」を歌う声力にもびっくり。毎日ステーキを食べているそうです、加山さん。やっぱり肉だな、肉。w 

 

そしてコーネリアスがかっこよかった〜。ビジュアルはクラフトワーク、映し出されるバックの映像も飽きさせなかったし、演者のテクニックもカチッとまとまってて完璧 ! !  さすがでした。大きなステージがマッチした日本のバンド。「明日からワールド・ツアー」なスケール感。撮影しながら (女性ドラマーをどこかで見たことあるなぁ)ともんもんとしながらシャッター切っていたけれど、帰宅してから友だちのドラマーぐれいすの友だちと判明し、やっとすっきり(笑) 緻密なドラミング、素敵。


Radwimpsはメンバーが苗場の魅力を知っていて(客として来ていた)、今はグリーン・ステージにいるというのも素敵な歴史。向こう側とこっち側の魅力をわかっているバンドっていうのがこのフェスでは大事なポイントという気がして。THE XXは初体験だったけど、you tube で見ていたライヴよりもアグレッシブだった。見せ方も曲も何もかも新しくて今を象徴していて #1かな。Lucasも素晴らしい声だったけどスーツで歌って欲しかった。裸はいかんよ、その歌で。w


そしてレッド・マーキーで見た韓国のギターロック・バンド、グッカステンも日本で5度目のパフォーマンスだけあって、堂々としていました。たいてい韓国のバンドは緊張しちゃって力発揮できないんだけど、3オクターブ・ヴォイスという必殺兵器で圧倒させたと思います。韓国語は激しいロックに乗りにくいと思う時もあるんだけど、歌がうまいとそこもクリアできる気がしたね。

 

 

 

という感じでグリーンのヘッドラインはBjorkしか入っていません。しかも花火付きじゃなきゃ入らんかったかもっていう・・・だって今年のグリーン・ステージのヘッド・ラインは全員、顔なしなんだもん!!!  顔を見せない撮らせない。Bjorkは顔に美容マスクみたいなマスク。撮影はNG。エイフェックスも闇夜の中で顔が見えないし、撮影は10分のみ。そしてGORILLAZも前からはNGで後ろから。そして顔には韓流みたいな黒いマスク。ヘッドラインが顔を見せないフェスでした。フロントマン不在とは言わないが、ビジュアル的には見えないヘッドライン。だから顔なしね。

 

 

 

ま、しょうがない。でも顔は見たい&撮りたいね。でもBjorkの最後に上がった花火は素晴らしかった。普通の花火の形状じゃなくて、まっすぐに何本もの光が高く高く夜空にストレートに飛んでいて爆発する、あれも演出だと思うけど、素晴らしかったです♡あんな花火は見たことがなかったので、感動しました。でもしつこいけどマスク顔でいいから撮りたかったです。ざっとこんな感じ。

 


苗場プリンスは私と同じ歳だったことも判明。今年を象徴するポイントもあれこれチェックできたのもよかった。21回参加できてることも感謝。そして今年もおいしいものを食べたけど、雨だったからスープものをあんまり食べられなかった(スープが増えちゃうから・笑)のが残念。グリーンステージに足を運んでくれた友だちやラモーンズFCの会員さん、雨の中わざわざ本当にありがとう。(今週中に福岡ラモーンズ祭りの詳細はアナウンスしま〜す)

 

 

そして何はなくともアフターケア!! ソウルで仕入れたセルフエステを試すのもフェス・アディクつの楽しみに含まれてるかも!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 



            

スポンサーサイト

2017.08.23 Wednesday

  • Author : スポンサードリンク
  • -
  • 13:46
  • -
  • -
  • -
  • -

            
コメント
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」