<<      22年ぶり。福岡へ、ヘイ・ホー・レッツ・ゴー ! ! | main |      ブログの役割 >>

     活字なんか信用しない

2017.06.17 Saturday


 

 

 

 

と、昔は思っていた。
のに、毎日その活字を書いている。
いや、もう書きまくっている(笑)
今年、2冊目の書籍のために。

 


正直、今年はこんなに文字ばっかり書くなんて思わなかった。
1冊目は今編集してもらっているラモーンズの書籍。そして今、書いているのは撮影秘話やエピソード本。
毎日書いているのは1000文字から4000文字のショート・コラムでこれをあと50本くらい書くけれど、お弁当のおかずを作るみたいな流れで、切ったり、焼いたりしながら書いている。文字数に関係なく表現を組み立てていくプロセスが面白くてスリリングだなぁと感じている。この行為に満足しちゃってるから、ブログは大事な時にしかかいてないんだなぁなどとまた言い訳をしているけど、ブログを書いて来たから、文章に対する免疫が少しは高まった( ? )んじゃないかと思う。まだまだお金をもらうには初心者だけど。

 


なぜ活字なんか信用しないと思っていたかというと、机上の空論が嫌いだったから。特に音楽雑誌で好きなバンドのことをあーだこーだ書かれるのがすごく嫌いだった。その音楽雑誌の編集部にいたくせにこの調子だから困ったもんだと自分で思うけど、こんな思考になったのは中2くらいに学校に行かなくなって、友だちが「心配しているから学校に来て」みたいな手紙をくれたけど、その(ありがたい)内容にリアリティを感じられず手紙の文まで嫌いになった。 親にお弁当を作ってもらっている友だち達に「心配している」って言われてもなって思って。そんなに心配してくれてるなら、私の分の弁当も作ってきてよと思ったから(笑) うちはお弁当なんて作ってくれなかったから毎日パンを買ってたし。と、またまたひねくれ放題だけど、あの時がきっかけだ。

 


だから写真も活字も写実主義。言い換えるとそれしかできないんだと思う。だから真面目に、偽りなく、どう突っ込まれても大丈夫なように書いています。読んでもらうのはバンドのファンてことになるからそこには絶対に嘘はつきたくない。書くことに対して少し生意気だけど挑戦している。これがほんの少しでも認めてもらえたらまだまだ書きたいことがある。撮りたいものもあるから、合体できたらいいと思う。

 

 

これからの10年で文章を上手に書けるようになりたい。活字を馬鹿にしてきた反省を込めてブログに書いてみた。文章は、相手がいて成立するもの。読んでもらうわけだから。コミュニケーションの手段をぶった切ってなめていたことを今さら反省している。ふんずりかえっていたら伝わらない。どうぞ宜しくお願いします。関わったメタル・バンドのこと。ポジやデータをひっくり返して書いてます。撮影中のことだからほとんどが知らないネタね。お楽しみに。さてもうひとバンド書こうかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



            

スポンサーサイト

2017.12.07 Thursday

  • Author : スポンサードリンク
  • -
  • 02:09
  • -
  • -
  • -
  • -

            
コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」