<<      ファミレスで勉強してるけど? | main |      宮崎・広島に続く公演はできるのか?? >>

      クイアーズとラモーンズのちょっとした話

2017.04.11 Tuesday

 

 

JUGEMテーマ:ROCK

 


今年で20年目のSET YOU FREE企画。主催者千葉君が20年前、最初に招聘したクイアーズを20年後にまた企画したジャパン・ツアーの最終日。続けている千葉君も素晴らしいし、バンドが今も存在していることもミラクルで凄くハッピーな夜。お客さんもたくさん集まってて曲が鳴り出した途端に前に走って行きたくなるワクワク感ていうか、スピーディーでPOPするパンクの洪水に溺れてきました。楽しかった。

 


ラモーンズ・ファン・クラブも2011年にレーベル、INYAFACEとイベントを組んで、彼らを呼ぼうとしたけれど、311のアクシデントに邪魔されてしまい来日は実現しなかった。あの時、大変な状況の中で日本のバンドが奮闘してくれたことの方が強い思い出になって、クイアーズにインタビューしようとしていたことをもう忘れてた。終演後、千葉君が「JOEと話していって。喜ぶから」と言ってくれたので、楽屋へ行った。何となく熱狂的なファンでもないのに申しわけないなと思ったけど「挨拶くらいいいか」と楽屋へ。私はラモーンズ・ファン・クラブを25年やってるよと言うとぱっと笑顔になって、「このまえ、CJ に会ったよ」と言った。それでそこからはノンストップでラモーンズのことを喋り出した。

 

 

 

 

「リッチーやCJやスクリーチングのメンバーと一緒にやりたいね、って今CJと話しているんだ」と教えてくれたので、「昨年の9月にNYのIRVINEでスクリーチングとCJのライヴを見たよ」と言うと、「そうそう。この話しが出たのは昨年の12月なんだ」と言っていてなるほどな、と納得。もしかしたら今年2月にアルゼンチンでやったショーに向けてバンド編成を考えていたのかなと、推測しながら話しを聞いてると「CJはロングアイランドでしょ?  リッチーはLA。俺はアトランタ。(はぁとため息)みんな忙しくてやっぱり無理かなぁ」と笑顔で天井を見つめてる感じ。凄くやりたそうだ。なので帰宅してからさっそくCJにメールしときました。「やって」って(笑)

 


「俺は今アトランタに住んでいるけど、ラモーンズを見た時はニューハンプシャーに居たんだ」と昔話しは止まらない。私は当時、東海岸ツアーに同行してたので、すぐに場所がピンときて「xxクラブ?」と聞くと「そう。ああ、それで1986年にね…」と、1986年にジョーイに会ってカセットでクイアーズの曲を4曲渡した時の思い出話しをし始めた。ジョーイは気に入ってくれだらしいけど、ラモーンズはカバーをやらないルールだったから採用されなかったんだけど、「ジョーイは気にいってくれてさぁ」の部分をこれまためっちゃ嬉しそうに話してて、年上男性に失礼なんだけど、なんとも微笑ましくてキュート(笑)

 


それでその後は「ジョーイのソロのために曲も書いていたんだけど、入院しちゃったでしょ?…それで実現しなかった」とも。その話しの距離感からジョーイと凄く親しい関係ではなかったように(私には)見えたけど、「ジョーイにカセットを渡した」の言葉のあとに♡マークがつきそうなくらい嬉しそうに話している顔がラモーンズ・ファン丸出しで、もう60歳になるのに、話しが楽しくてたまんないって感じで、聞いてるこっちも幸せになりました。それで「いつもSlugを演ってるね?」と言うと「あの曲が入ったカセットを(ジョーイが?)くれた」と言っていた。厳密に言うと「交換した」みたいなことを言っていたと思う。私の英語力では聞き取り不可能…

 

 


91年にジョニーからもらったボツ曲・カセット・テープの中に入っていたから「Slug」は1990年以前にはできていた曲。その時の私の印象は昭和時代にテレビで流れてた「(ケーキの)不二家のCMソング」に似ていて「イントロが日本のケーキ屋のCMに似てる」と感想を言ったことを覚えてたので、この曲を覚えてた。ジョニーは「ふーん。でもその曲はボツ」と言ったので、(何でボツなんだ?) とも思った曲。当時のラモーンズからすると『TOO TOUGH TO DIE』の頃だから、攻撃性とスピードがなくて違ったのかも。そんなボツ曲エピソードにまつわる時代が、多分JOEの言う80年代後半の近い頃だったから、噛み合った感じだ。クイアーズがいつから「Slug」を演奏しているのかを詳しく知らないんだけど、この話しはファンの間では有名なのかな?  次があるかわからないけれど、今度はもっとちゃんと話しを聞かせてもらわないとなぁと思いました。

 


というたわいないけど、貴重な話しを聞けました。で。そのCJのことはアナウンスをひっぱっているけど、本人がつぶやいているようにJAPAN TOURを実現させるために、港区に通い具体的に協議中です。だから秋に向けてお金は貯めておいてください。そして平日の可能性大だから会社を休むために、今からネゴシエイトを画策しておきましょう。詳しくは…もうすぐ書きまーす。

JOEと話すチャンスをくれた千葉君。ありがとうございました。そんな千葉君のSET YOU FREE 20周年企画はまだまだ続く。コチラ↓↓↓ラモーンズFCも25年目。うちの楽しみは...全部まとめて今年も秋にやろう ! ! ! ?

 

 

 

 

■SET YOU FREE 20TH ANNiVERSARY 『TEENAGE BOTTLEROCKET JAPAN TOUR2017』 w/SO-CHO PISTONS、THE KNOCKERS 5/13(SAT)東京@六本木VARIT 5/14(SUN)四日市@VORTEX 5/15(MON)名古屋@RED DRAGON 5/16(TUE)出雲@APOLLO 5/17(WED)福山@MUSIC FACTORY 5/18(THU)広島@4.14 5/19(FRI)大阪@FANDANGO 5/20(SAT)東京@高円寺HIGH 5/21(SUN)東京@町田NUTTY'S
SET YOU FREE 20TH ANNiVERSARY 『3WAY DANCE』 4月19日(水)恵比寿リキッドルーム BiSH 四星球 THE BOYS&GIRLS OPEN 18:00 START19:00 前売り¥3500


            

スポンサーサイト

2017.08.25 Friday

  • Author : スポンサードリンク
  • -
  • 02:07
  • -
  • -
  • -
  • -

            
コメント
コメントする









calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」