<<      渡米直前。台風よ、邪魔しないでくれ〜〜 | main |      ミラクル・ツアー⭐︎NY&LAに行ってきた ! ! その2 >>

     ミラクル・ツアー⭐︎NY&LAに行ってきた ! !

2016.09.30 Friday

JUGEMテーマ:ROCK

 

 

 

 

 

 

 

帰国しました〜!

 


9月21日からラモーンズ・ファン・クラブの会員11名を引き連れてラモーンズの聖地巡礼ツアーに行ってきた。そして無事に帰国しました。

 

 

最高の旅でした ! ! !

 

 


渡米直前の台風やマンハッタンの爆弾騒ぎで、(私のツアー、こんなことに邪魔されるわけ?! )と頭に血がのぼってしまい、旦那に「少し頭冷やせよ」とたしなめられていたけれど、結局、ふたをあけたらトラブルはひとつもないどころか、スーパーなオプションが次々と舞い降りてくるミラクル・ツアーになってました。だから参加した会員のみんなは帰国して今、みんなツアー・ロス中のブロークン・ハート(笑) それだけこの5日間が楽しいものになってくれたってことだから計画して良かったなぁと、まだふわふわした頭のままこのブログ書いています。

 


とにかく、天国のジョーイやジョニーが守ってくれたんじゃないかと思うほど、何もかもが順調の旅。 細かいレポートはRAMONES FAN CLUB JAPANのHPや、これから書き加える自分の本に細かく執筆するけれど、とてもその全てをブログやレポートには書ききれない。本にはこれからも1人でNYやLAに行きたい人たちのためにHOW TOも加えて愛情たっぷり込めて本気で書きます。私はそうゆう気持ちがないと動けないし書けないんで。今のところ第2回聖地巡礼の旅を計画するのかしないのかも、まだわからないから、行きたい人のためにまずは記録を残さないとね。

 

 


でもね、ホントーーーに楽しかったわぁ ! ! !  参加してくれたファンも最高すぎた。みんな本当にラモーンズが大好きでそれが一番大きくてピュアでブレていない。そんな人たちとする旅が楽しくないわきゃない。同じ気持ちをシェアできるってなんて最高なんだろうっていうのを会長をやってるくせに今回初めて知ったのかもしれない。会社を休んで家族を説得して参加した筋金入りのファンは、ラモーンズ愛も本物だった。そこはわかっていたけれど、聖地巡礼ツアーなんて、やったことがなかったから実行してみるまで何を感じるかなんてぜんぜんわからなかったし、想像も出来なかったんだよ。

 

 

 

 


レンガの壁の前に行くことや、クイーンズに向かう地下鉄の中、何もかも誰1人おざなりじゃなく真剣に向き合ってドキドキしながら進んで行った。私は拡声器とカメラを持って先頭を超早いスピードで歩いた。それにみんな必死についてきてくれた。あとで聞いたら「ユキさん、歩くの早いから置いてかれないように必死だった」らしい。また軍隊的 ? ごめんね〜。

 


しかも1日2~3万歩は歩いたらしくみんなへとへと。1日3万歩はフジ・ロックの仕事レベル。でもNYは歩かなきゃ感じられないからさ。NYの街中で11人のラモーンズTシャツを着たアジア人は相当めだっていたらしく、「ラモーンズのファン・クラブなの? クール!!!」という具合に毎日あちこちで声をかけられ、それはNYにウエルカムしてもらえている感じですごく良かった。ラモーンズ・ファンというだけで、知らない人たちとすぐに打ち解けられるなんて最高じゃない?  でもそれは私が住んでいた頃とは違って、レジェンドになった今だからこそ成立してた。だからそれはそれで2016年なんだなとも思えたり、私は私なりに感じることはいっぱいあった。

 

 


気持ちはさておき。到着1日目の最初のプランは、【ジョニーと行ったピザ屋でランチ】だったんだけど、そこからもうミラクルはスタートしていたらしい。お店に到着すると、店の前でタバコをふかしていたお兄ちゃんが私に、「HEY! ラモーンズ! 俺もラモーンズのTシャツだぜ!!」と声をかけてきた。見るとお兄ちゃんもクイーンズ・ミュージアムのラモーンズTシャツを着ている。 「見に行ったの?」と聞くと「もちろん、行ったよ」と。そして私が「私たち、ここのピザ食べに来たんだよ」というと「本当??入れ、入れ。カモーン」てな具合。席に座ってメニューを見てたら店内のBGMがラモーンズに変わった。最高でしょ?! (笑)  DEE DEEの「HEY PIZZA!!」が聞こえてきそうなピザの箱がたくさんあって、さっそくNYのピザ屋でリアル・ラモーンズを感じる旅。

 

 

 


と、こんな調子でスタート。これ、まだ初日の1件目。ピザを食べたあとイースト・ビレッジを歩きまわる私たちは、いろんな人から声をかけられて、ついには写真家のゴドリスさんとも遭遇し「君たちラモーンズ・ファン?! ワオ!! なんてファンタスティック!!」と写真まで撮られちゃった。私は5日間喋らなきゃいけないので、拡声器をもって指を差しながら「あそこがジョーイのアパート」とか「ここが元CBGB。そしてこっちが元々はCBGBの搬出搬入口で、ロケット・トゥ・ロシアのカバーを撮影した場所」ってな具合に説明して行く。みんなで「わあわあ♡」言いながら。自宅で眺めていたCDやLPのジャケの写真だった場所が一気に自分の知ってる場所になる瞬間はたまらないよね。

 

 

 


と、こんな調子で初日をぐいぐい飛ばし夜はアルバム『HARFWAY TO SANITY』のカバーになったチャイナタウンの中華屋で乾杯し美味しい中華をたくさん食べて、そのあとはフォト・セッション。これ↓↓(笑) このツアー、自分の一番好きなラモーンズな場所で会長が写真を撮るというオプション付きなので、みんなどこにしようか考えてきてる。そしてこだわってる。それは撮る方の私もめちゃめちゃ楽しかったです ! ! !

 

 

 

 

 


かなり略してるけど、こんな感じでNYの1日目がスタートしたけど、この旅のミラクルはまだまだ続きます。

 

 

今回私たちが宿泊したNYのアパートメント・ホテルはこんな感じ。私の部屋はトイレと風呂は共同のドミトリー風個室。25年前、初めてNYに住んだ時アパートを探すまで、こんな部屋に住んでたので、なんだか懐かしかったし初心に戻った気がした。NYはとにかくホテルが高いのでアパートメント・ホテルにしたんたけど、参加者にはもうちょっと良いホテルを用意してあげた方がよかったかなという反省もある。(何しろシロートなもんで・汗)、

 

 

でもみんなの楽しそうな顔を見て、この旅を計画して良かったなと思った初日でした。

 

 

 

と、まだまだ、旅は続きます。

書けるかなぁ。。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



            

スポンサーサイト

2019.07.16 Tuesday

  • Author : スポンサードリンク
  • -
  • 18:35
  • -
  • -
  • -
  • -

            
コメント
コメントする









calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」