ラモーンズの歌詞は奥が深い?

2018.04.23 Monday


 

 

 

 


今更なタイトルですが。w

 


ラモーンズってなんでこんなにネタに困らないのかってことが最近たっぷりあった。コンバースだのロゴ入りTシャツだのって話ではなくもっとマニアックな話がころがりまくっている。私の周りだから?  でもラモーンズ・ファンは今日のブログは楽しめると思う。w

 


先日ラモーンズ・ファンのお母さんから小学校低学年のラモーンズ・ファンの娘が読書の最中に困惑しているというメールが届いた。本の中に「KKK団」という名前が出てきたからなのだ。娘さんはCJラモーンのコンサートにも一緒に行った筋金入り。「KKK」も歌えちゃうくらい好きな曲。だからここに出てくる「KKK団って何?」って質問したきたそう。小学生だから歌詞の内容は知らないし「KKK(クー・クラックス・クラン」なんつう物騒なカルト集団のことも、この曲の裏の歌詞の意味のことももっと知らない。

 

 

本の中で「KKK団」は「悪い奴ら」でラモーンズのポップな歌と結びつかずに「困惑している」というわけだ。

 

このシルエットの帽子が三角じゃなくてよかったなとふと思ったりして...

 

 


ラモーンズの歌詞について、これまで雑誌が取り上げたことはほぼない。取り上げる意味があるとも思われていないと思うし。ポリティカルなことはあえてアピールしないバンドだったし。でも歌詞はもの凄くウィットに富んでいて、キャラとマッチしていて、実は毒も吐いていて、追求したら面白いし奥が深いのだ。だいたい曲のタイトルにカルト集団名つける?  Deathなバンドならともかくバブルガム・ポップなバンドだぞ。

 

 

どうなの? w「ナチ(ス)ベイビー」をそのままにしたジョニーの仕事じゃなくてジョーイの仕事。でもこれがラモーンズの歌詞のセンスだ。今さら?  バンドの価値同様あとからじわじわと来るのがラモーンズ!? お母さんにいただいたメールから、歌詞やタイトルのことを思い浮かべたけど、結局「KKK」の意味はまだ説明していなくて、かわりに『I LOVE RAMONES』の本を本棚に置いてみたそうです(笑・ありがとう) 

 


今朝は今朝で、古本屋まんだらけさんのツイートにこんなのがあった。ラモーンズの本に辞表が挟んであったというツイート。しかも内容は「DEE DEEみたいに生きていきたい」と書いてあったというから出来すぎていて、会社なんか行きたくない月曜日の朝からリツイートして爆笑してた。

 

 

なんでこんなに楽しいのラモーンズ? って思わない? キャラが確立されすぎている。やっぱり漫画なのだ。いい意味で。

 

©まんだらけ渋谷店さんお借りしました

 


だから歌詞についてもっと探ってもいいと思ってる。アメリカンな毒吐いてるからね〜以外と。アルバムのリリースされた年代  x アメリカの情勢、書いたメンバーのキャラと状況(ドラッグでぶっ飛んでる時期等)と照らし合わせると面白いはず。で。この間から書いてるけど、ファンとあれこれ語りたいので、4月29日(日)に『ラモーンズの激情』を「語りろう会」というのをやる。

 

 

午後から都内某所で1〜2時間くらいお茶でも飲みながらロックンロールハイスクールの帰り道的な感覚でさ。参加はファン・クラブの会員なら誰でもOKでまだ募集してるのでどうぞ〜。この企画をアナウンスした時にお願いした私からの「6つの質問」の答えが集まっているんだけど、これがとてもいいのでランダムに少し紹介しちゃう。

 

 

 

一人目は40代の男性<Kid Might RZA of Midnight Resurrector >
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q1、『ラモーンズの激情』を最初に聞いた年とLPかCDかDLかも。
A1、確か87年にウチの近所の中古盤屋「フォーエヴァー・レコード」で、輸入盤の中古LPを買いました。ちゃんとインナースリーヴも付いてたので、歌詞を読んだり、一緒に歌ったりできました。購入のキッカケは当時、夢中だったガンズが駆け出しの頃のインタヴューで「ライヴではエアロやヴァン・ヘイレンの曲をやった」みたいな発言があって、他にもいくつかバンド名が挙げられてたんですが、その中にラモーンズとダムドもあって、知らない名前だったし、聴いたことなかったので。
Q2、『ラモーンズの激情』を最初に聞いた時の感想は?

A2、サビだけで曲が成り立ってる!歌詞が最少2行しかない曲がある!「ジュディ・イズ・パンク」の2番に入る直前にわざわざ「歌詞は1番と同じ」て歌ってる!(笑)
CJが歌うようになったからなのか、2000年代になって「JUDY IS A PUNK」の人気がすこぶる高い。本当に高い! !  昔は「KKK」が高かったのに最近は「JUDY」そしてこの歌詞のことはみんな知っていた? w  知らなかった人はもう一度よ〜く聴いてみよう。ライナーノーツに米印で書いてある「一番を繰り返す」っていう注意書きじゃないのよ。そこも歌うの。やっぱり歌詞が普通じゃないね。

 

 

 


次は50代の男性<伸市RAMONE>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q4、『ラモーンズの激情』で2番目に好きな曲と理由をひとことで !
ーー「Havana Affair」疾走感たまりません!

Q5、『ラモーンズの激情』のカバーを最初に見た時の感想を。
ーーやっぱ革ジャンだなぁ…と思いました。バイトで貯めたお金でアメ横でDeeDeeタイプを買いました。高校の校外教室のアイススケートに着て行ったら、革ジャン禁止で取り上げられ…DVDの白いTシャツ一枚で滑った…寒かった事思い出します。

2番目に「Havana〜」っていう人も多くて。どうしてなんだろう? 時代で変わるのかな? 革ジャンの思い出やこだわりもラモーンズ・ファンは多いだろうな。

 

 

 

 

次は40代の女性、中山さん♬
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q4、『ラモーンズの激情』で2番目に好きな曲と理由をひとことで !
ーー「Now I wanna sniff some glue」です。「イッツ・アライブ」に収録されているこの曲の映像がほんとーに好きで最初期のすっごく下手くその4人の雰囲気がとても とても愛おしい。

Q5、『ラモーンズの激情』のカバーを最初に見た時の感想は?
ーーカバーを初めて見たのは 86年頃だったと思いますが当時は「ふーん」を思っただけで4人の個性や4人の格好よさを全く認識してませんでした。とにかく ramonesのビジュアルに興味が薄かった。
女性らしい繊細な感性の感想がいいね。ジョーイの中性的な魅力にやられてる男性も実はたくさんいると思うけど、ジョーイが好きな女性ファンはみんなこんな風に思う部分あると思う。

 

 

 

 

次は20代の女性田村さん🎶
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q1、『ラモーンズの激情』を最初に聞いた年とLPかCDかDLかも。
ーー12歳、おじさんに借りたCDでした。

Q2、『ラモーンズの激情』を最初に聞いた時の感想は?
ーー「こんなのってありなのか!」と思いました。
削りに削り落としたシンプルさと勢いが最高にかっこいい!!!

12歳でおじさんから借りたっていうくだりがしびれます。私が姪っ子に聴かせたみたいな感覚だな。でもこれで話が通じるっていうのが凄く素敵じゃない?  最高です。

 

 

 

 

10代のカイトくん⭐
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Q2、『ラモーンズの激情』を最初に聞いた時の感想は?
ーーカッコいいっていうのももちろんあったけど、かわいい感じがあってポップだなって思った。

Q3、『ラモーンズの激情』で1番好きな曲と理由をひとことで 。
ーーToday Your Love, Tomorrow The World 生きろ!!って言ってもらえてるみたいだから。
2018年の10代は、ラモーンズって「かわいい」っていう感想、凄く多い。音の種類が増えてファーストからスピードや衝撃を最初に感じることはないのかもね。スタートが違うからここから聴き込んでいく感想が変わってくる。そしてデジタルかLPかでも違ってくる。

 

 

 

 

ラモーンズ・ファンなら「へええ」と頷けたんじゃない?   つまらない感想なんてひとつもないところがいい。みんな違うんだもん。聴いた年代、その時の自分の環境で。ファーストについて「語りたい」人は6つの質問を送ってきてね。締め切りはない。質問に関しては非会員もOKです。(29日の語ろう会は会員限定です) 6個の質問と29日の詳細はここを見てね

 

 

 

さてGW後にはオンラインストアも少しリニューアルします。それでNYのジョニーとDEE DEEがUSバッヂを買ったアーミー・ショップにメールしたけど、ぜんぜん返事をくれないので今度は切手を貼って手紙で攻めたら返事が来た。「ごめん。寝てたんだよ」だと。エスプレッソの写真をはって「good morning」と返事。w

 

 

いろいろとお楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



            

     自分を売ってみたい

2018.04.17 Tuesday

 

 

 

 


売ってみようと思う、自分を。

 


「突然、どうしたんだ?」 と思われるかもしれないが、この間「TIME TICKET」というサイトを見つけて面白いなと思って。正確には自分の「時間を」売る。見たらいろんなものが売っている。

 

 

 

 


その前に私が「買いたかった」ものは何かというと…韓国人と会話する1時間です。試験勉強は続けているが、耳がどうしても追いつかないのです。新しい車に乗っても『BABY DRIVER』のサントラじゃなくて「アンニョンハセヨ〜」の会話のCD泣く泣く聞いてはいるんだけどダメだ。新大久保の中華屋のアジョシや中野ブロードウェイの東大門(トムデムン)眼鏡屋のおじさんに声をかけて韓国語で話したくらいじゃ、ちっとも身につかないよ。

 

 

それでググってたらこれがで出来たわけ。いろいろあるんだね。韓国人の主婦と韓国ドラマのことを話す1時間千円とか。ガチで使えそう。(買ったらまたブログ・ネタにしよう・笑) で、これを見ているうちに売りたくなったというわけです。「自分なら何を売れるだろうか?」って考えたらなんかおもしろくない? 私が売れそうなものを書いてみた。

 


・メジャー・リーグのチケットの取り方と行き方教えます
・アメリカのフリーウェイを運転する方法をアドバイスします

・ナショナル・パークへの行きかたと過ごし方を教えます

・アメリカの未確認飛行物体に関係ある場所を教えます
・韓国グルメのスポット教えます
・韓国のライヴ・ハウス事情をアドバイスします
・(姪っ子とけったくして!? 笑) K-POPコンサートのチケット購入代行します
※法律的にありかはわかりません…
・韓国語と英語で東京案内に付き合います
・野球観戦に付き合ってルールをおしえます(野球用語に限り英語と韓国語解説OK)

 

 

 

買ってくれる人いる?

 

 

 

 



でも今なら大谷翔平を見に行きたいご年配の方とかいそうじゃない?  そうゆう人は旅行代理店にまっすぐ行くか。ひとり30万円も払って渡米するなら私ごと飛行機に乗せてくれた方が安いのにな〜。相手の投手や守備のことも話しまっせ〜。なんならホッとドッグとビールも買いに走るよ〜。と妄想してブログ書いてる時間にたまり出した写真の処理をしろって話です。。。。

 


「あなたの写真処理、手伝います」ないの?  買う ! !

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



            

     ヒプノシスに「失敗作」はあるのかな?

2018.04.17 Tuesday

 

 

 


最近、2冊のART関連本に癒されている。

 

 

 


その1冊が『ヒプノシス全作品集』今更説明もいらないと思うけど、と書きつつも10代のロック・ファンも読んでくれたりしているので、やっぱり説明しとこうかな。70年代や80年代にロックのLPのジャケットを作っていたデザイナー集団の名前。ヒプノシス。

 

 

彼らが作ったLPは、聴いたことなくても印象に残るものや見たことがあるものがたくさんあるはず。昔グラフィック・デザイナーをやっていたので、彼の仕事には魅了されまくっていた。とはいったってどうあがいても写真、バランス、色、インパクト、その完成度の高さは追いつけるはずもなく毎日眺めてその世界にのめり込んでいただけだけど。

 

 

例えばモントローズ。ヒプノシスじゃなかったらきっと微妙。でもこのバランス凄いよね。

 

 

 

で。作品集を眺めすぎて無性に「失敗作」を見てみたくなってしまっている。

 

 

ヒプノシスの仕事に「あれは失敗」みたいなことってあるんだろうか? って。もし仮に失敗があったとしたって、こっちから見れば「それ失敗じゃないじゃん」だよね〜。割れたお煎餅のお買い得品袋みたいに失敗を集めた『裏ヒプノシス』本なんて出ないかな。

 

 

 

 

 

もう1冊はこれ。総合失調症の前衛芸術家、アールブリュットの(すずき)まりえさんが作ったてん・てん・アート(と勝手に命名)。サインペンでてん、てん、てん、てん、てん・・・・・・と打ち続けて完成させる絵はエロとはさみがメインの素材。「根気さえあれば誰でもできる?」と思われそうだが、作品を見るとひれ伏す想像力の世界が存在する。

 

 

 

 

この2冊、どのページをめくってもぜんぜん隙がない。彼女の作品にもしも失敗があってもそれを修正して表現しそう。とアーティストに失敗を求めるなんて失礼だけど、そんな発想すらしちゃうほど、完成されすぎているってこと。

 

 

 


PS. 失敗といえば…”me too”。残念なカメラマン、アラーキーの写真集は彼の古くて残念な概念と一緒に捨てました。被写体との関係って一方通行じゃない。その努力をしないで高圧的でいられたカメラマンの時代は終わってる。ま、まだいるけどね〜(笑) 

 

 

さて、写真処理を再開。

 

不健康な生活に逆戻り中。。。はぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 



            

     ラモーンズFCの企画、まず1本目 !

2018.04.08 Sunday

 

 

 

 

 


大谷翔平から千葉ロッテまでメジャー好きにはたまらないというネタも書きたいし、いろいろ書きたいことはあるんですが順番に。変な企画考えてみました〜! www ラモーンズ・ファンのみなさま、どう?  

 


世代を超えて『ラモーンズの激情』を語る会というの。やってる自分も55歳なんだけど、このFC、会員が10代から60代までいるんです。凄くない? 自己満足だと言われたらそうかもだけど、なんかカッコイイなと思ってるんですよ。あんなにシンプルな音楽なのに(だから)、世代はスルーで関係なく同じものを聴いているってところがいいなあと。孫からおじいちゃんまで夢中になっているものが同じ。それでこの状況はもったいないので、じゃあみんなで語ろうよという発想で企画してみました。同じテーマで語るの。今回はファーストを。

 

 


野球場でもおじさんから小学生まで同じチームの応援でひとつになれるので、ロックの話でもできるんじゃないかなと。人が集まらなくて企画倒れでもとりあえずアナウンスはする。

 

 

NYとLAの聖地巡礼ツアーの時も「こんなのどうかな?」と最初は思って企画したんで、考えるのはタダだから。これが第一弾。第二弾はこの前も書いた聖地巡礼ツアーの<東京編> をやる。どっちも日程は決めました。これそうな人は応募してみてください。NEWSページに書いた質問6つは、東京まで行けないよという人は、メールで送ってきて。私が読みたい。返事はもちろん全部書きます。ちなみに人にお願いするんだから私も書いてみました。

 


Q1、『ラモーンズの激情』を最初に聞いた年とLPかCDかDLかも。
ーー1980年頃。輸入盤のLPで。だから歌詞も大して理解していなかった
Q2、『ラモーンズの激情』を最初に聞いた時の感想
ーーすぐ終わっちゃったので2回聴いた。30分しか入ってないLPで正直(お金)損した気がした
Q3、『ラモーンズの激情』で1番好きな曲と理由をひとことで
ーー難しい。「Blitzkrieg bop」1曲目の勢いがある。ライヴでもやる。
Q4、『ラモーンズの激情』で2番目に好きな曲と理由をひとことで
ーー2番目は気が楽だ。「I wanna be your boyfriend」ファーストのラインナップの中で優しい曲
Q5、『ラモーンズの激情』のカバーを最初に見た時の感想
ーーかっこいいと思ってジーンズをハサミで切って穴をあけた。
Q6、あなたの年齢とラモーンズを見たことがあるか?
ーー省略〜w

 

 


あああ、難しい。こんなんでてこずるんだから語ろう会なんてもしかしてどっと疲れるのか? もっと気楽に「どの曲が好きなのー?」みたいな感じでやりたいんだけど。

 

でも先日、10代と話したら私が聴きまくってきたLPの曲の並びと最近のボーナストラックが入ったお得なCDの並びが違ってたりして( ? )「流れが違う」になったりもしたので、この企画もしも成立したら相当「へええ」だらけだと思う。LPで聞きまくった世代は次の曲に行くまでの針のぶちぶちの音ですら「?」で、ダウンロード世代とは感想もこだわりも違うよね。この企画成立するかな?    

 

 

 

 

 

 

 

 

 



            

     プロ野球、新しい野球を見た&今年の順位予想

2018.03.31 Saturday


 

 

 

 


プロ野球がついに開幕しました♡イエーイ !  野球ファンの皆様、今シーズンもどうぞ宜しくお願いします。昨日はMLBも開幕し、ドジャースのカーショーやシアトルのキング・フェリックスといったエース級がエースの仕事している姿も見られて朝から本当に幸せな1日でした。

 

 


夜はパ・リーグも開幕し千葉へ。首都高速を使うので運転もまた楽しいし♡ 開幕はお土産をもらえるのでこれも楽しみにしてた。ロッテのお土産の中身はフリース・ポンチョ、キシリトール・ガム、カレンダー、バスソルトなど込みで3100円。コンサートのチケット代と違って安くて嬉しい。一度は野球に行ってみたいっていう人はこうゆうお土産がもらえる日がいいよ。今年もまだまだある。

 

 

ZOZOマリンなのでレディースT、昨年はSIPSやnano univers。昔は日本のプロ野球はお土産なんて無かったけど、メジャーの影響でプロモーション・デーができた。メジャーではスポンサーが用意してくれるんだけどそこと投手の登板を考えていつもチケットを取っている。

 

 

 


井口新監督のロッテはセレモニーもアメリカのスポーツみたいにゴージャスになっていた。千葉でこんな鮮やかなセレモニーを味わえるなんてありがたい。花火も音楽に合わせる新バージョン。いいよ〜♡井口監督 ! ! 

 

 

 

 

野球も1回から見せてくれて、新しいルールのチャレンジ改め「リクエスト」を井口監督さっそく使った。これ、判定はセーフだったけど、くつがえってアウトになり球場大盛り上がり。そしてもうひとつの新ルール「敬遠申告」も初めて見ました。昨日はそれが得点と関係ない部分だったのであまり気にならなかったけど、これからは時と場合を選ぶだろうね。

 

 

そして走って走って走りマクレの野球が今年のテーマなので(ちょっとダサいけどこれがそのうち慣れてしまうのが怖い…)  足を使った野球を見られて満足。

 

 

 

 

でも勝敗は延長戦に突入の上、いきなり5時間。試合が終わったのは23時30分というハードな開幕を味わった。野球の神様は「そんなに野球をみたけりゃどうぞ」といわんばかりの濃い試合を用意してくれたってわけですけど、おかげさまで大満喫しました。負けたけど内容が良かったからね。でも海沿いの球場、夜は寒くなってもらったぽんちょも着ました。なんかてるてるぼうずみたい。帰りも24時すこし前に、千葉の道をてるてる坊主たちがぞろぞろゾンビのように歩いてました。疲労で…。

 

 

 

 

でも試合の内容は本当に良かったと思う。期待できるプレーを見て、あっちもこっちも新しい井口新監督の野球を味わえた。帰りはチケット押さえてくれる終電を逃したおじさんたちを車で送って帰宅。運転好きは寄り道も楽しいのです。

 

 


昨年最下位でシーズンがなかったことになった千葉ロッテの久しぶり感の強い試合で井口新監督に期待大です。ソフトバンク〜メジャーまでの全経験を今千葉で使ってほしい。ファンは欲張るのよ。最後に、私の今年の順位予想。

 

 

「せ」
1位 DeNA
2位 広島
3位 阪神
4位 中日
5位 巨人
6位 ヤクルト

 

「ぱ」
1位 西武
2位 オリックス
3位 ロッテ
4位 楽天
5位 ソフトバンク
6位 日ハム

 

 

 


毎年、いろんな方法やデータで考えてるけど、ぜんぜんあたらないので今シーズンの私は「ドラフトの結果」と「個人の投打のデータ」と「故障者リスト」の3点から攻めてみた。最後のDL入りの人数を重要視してみた。もちろんドラフト新加入の選手がすぐに使えるとは限らないけど(千葉は使えるんだけど〜♡)  そこを含めのプラス・マイナスとか。

 

 

参考にしていないのは「オープン戦の順位」…去年が結果と比例しなかったのでもう信用しないよっ!  それから解説者たちの順位予想もね。さぁ今シーズンはどうなる?  

 

 

 

 

 

 

 

 



            

     ラモーンズ・ファン・クラブ春の予定♬

2018.03.30 Friday


 

 

 

 


ちょっとばたばたしていて週刊CJ ラモーン滞ってますが、もう2本は書いてあるので校正や編集が終わったらアップします。しばしお待ちください。読んでない人はここをチェック〜⭐︎

 


さて、今年に入ってファン・クラブへの新入会は3ヶ月で二桁を超えました。もういないバンドだけど、コアな部分で繋がれるって楽しいなと改めて思います。「入会記念バッジをギターのストラップにつけた」なんてメールをくれたり、春休みに大阪から東京に遊びに来た10代の会員と会ったりしたり、ファンと語るのは本当に楽しいです。年齢は関係なくラモーンズをテーマに普段どおりに話せるってすごいなって思う。

 


昨年池袋のジュンク堂や諸星さんや小川さんのトークショー(これもHPで活字で公開します)の時、来てくれた人たちとたくさんラモーンズについての思い出を聴くと、十人十色でみんなそれぞれのラモーンズがあって、とても良かった。だから、そうゆうのをこれから集めていきたいと思ってます。

 


まず東京に来ることができる人で『ラモーンズの激情』を語ろう会っていうのをやってみる。参加者はFCの会員でGWにどこかで集まろうと思ってます。ファーストについてだらだら語るの。w いくつか質問をメールでもらってそれで集合場所とか決めて語るの。それだけ。あんまりかたくなくてだらだら〜とやりたい。と書いてる自分が一番ぎゃーぎゃー言いそうだけど、面白いかな?  思い出でもいいし、こだわりでもいいし、周りでこの曲いいっていう奴ひとりもいないけど、自分は一番好きと言いたいでもいいし。収集つかなくなる気配もするが…。すでに「他のアルバムではやらないのか?」という声も聞こえてきているので、やります。w

 

ちなみに私が初めてこの「LPを」聞いたのは1982年頃です。

それですぐ終わっちゃうなと思ってすぐ棚にしまった...(笑)

 


もうひとつ考えているのは、聖地巡礼ツアー<東京編> です。来るって人いるよねぇ〜?  w やる時は本気でやる。そこがあるうちにやる。ラモーンズのメンバーが歩いた場所を巡るツアーです。立ち食いそば屋から宿泊先のホテル、下北沢まであちこち歩く。暑くなる前にやってみようと思っている。これもGW以降で週末に考えてます。アナウンスするのでお待ちください。この聖地巡礼ツアー<東京編>は、今年定期的にやってみようと思ってます。場所があるうちにやらないと東京はオリンピックでどんどん街が変わってきてるので、今年かな、と。4月に第一回をアナウンスするのでちょっと待ってて。CJのレポVol.3は書いた。なぜSE 『続・夕陽のガンマン』が大阪からかかったのかと、このSEにまつわるちょっと複雑な心境も書いたのでお楽しみに〜。アナウンスはHPのニュースとSNSでやります。

 

 

海老天なんだよね〜。ないのよ...最近。みんなで食べるよね? w

 

ここのロビーは完全に自宅のリビング状態でしたね〜。あわわ...

 

ここもなんだ〜実は!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



            

  『オールシングス・マスト・パス』から『パリ行き』まで

2018.03.19 Monday


 

 

 

 

 

 

撮影ではなく取材する仕事もやっています。依頼してもらえるインタビューアの仕事はやりがいはあるけど1つだけどうしても嫌なことがある。それは取材後のテープ起こし。もう自分の声が大嫌い。

 

 

テープおこしそのものはむしろ好き。でも自分の声は聞けば聞く程へこむ。やりとりの流れの中で余計な質問をしている声(自分の)を聞くとさらに落ち込む。「そんな質問してないで、もっと大事なこと聞けよ」とあとから思うのだ。「そこで相づち打ってる場合か? こんな機会滅多にないのに」…と呆れてマジへこむ。

 


で、今日は5回もへこんだのでブログでちょっと休憩させてください。

 


NETFLIXを手に入れてから待機の時間や寝る前にドラマや映画を見ている。映画館で見るべき作品や話題作は、近所のシネコンへ行くけど自宅シアターもいい。眠くなったら続きは明日。最近見たのは映画館で『15時17分、パリ行き』、先日亡くなったタワレコの創始者ラッセル・ソロモン氏とタワーレコードの歴史を描いた傑作ドキュメント『オール・シングス・マスト・パス』や『帰って来たヒトラー』についても書こうと思う。

 

 


『15時17分、パリ行き』
マストで見る映画の1つがクリント・イーストウッド監督の作品。パリ行きの列車がテロに巻き込まれる実話がベース。でも描かれてるのはごく普通のアメリカ人の人生。イーストウッド作品はアメリカのダークサイドが見え隠れしているように思う。これダークサイドじゃなくて日常かも。主演の3人は、実際のテロ事件に巻き込まれた本人を本人役として起用したそう。

 

こんな大胆な演出を御年87歳のイーストウッド監督が試みたということが凄い。自分も明日から心身鍛え直さねばとさえ思ったくらい。彼の監督作品を見るとついジョニーを思い出す。ちょっと右よりの匂いも感じて。私だけかな。そこも含めのアメリカの真実を突きつけてくるから見逃せないのかも。結末は奇麗ごとだけじゃないように見えた。

 

 

 

 

 

『オールシングス・マスト・パス』
ビートルズではジョージが好きでした。唯一日本だけはまだ存在するけどタワーレコードの誕生から終演を描いたドキュメント。この映画、最初は2016年の秋にラモーンズ・ファンを連れて聖地巡礼ツアーに行った行きの機内で見た。アメリカに向かう飛行機で見たから感傷的な気分になったのかもしれない。東京にタワレコはまだあるし、メジャーなただのレコード屋の1つだと思ってた。でも一軒ずつ店が消えて行くシーンを見ると、世界中(特にアメリカ)のどの街にも同じコンセプトで存在するお店の存在は、安心な居場所だった。

 

アメリカのちょっと危険そうな場所にある店からLAやNYの路面店まで、店内に入ればどこも私の知ってるタワー・レコード。いろんな人種がいたけどみんな音楽ファンで、ボーダーは無いと思えたから。そんなタワーの最盛期から衰退期までの歴史が描かれている。働いていたアメリカ人のスタッフが苦虫を噛身つぶしたような表情で「もう時代には逆らえなかった」と語るシーンが忘れられない。華やかな時代を自分も知っているからだ。買った新譜を「早く聴きたい」とタワーから持ち帰ったことのある人ならみんな共感できる映画だと思う。

 

 

 

 


『帰って来たヒトラー』
どうせ馬鹿げたコメディだと思って見たら深すぎた。ひょんなことからヒトラーが現代に蘇ってしまう。「ここはどこだ?」とタイムトラベルで現代に登場したヒトラーはパソコンを見て驚愕したりといちいち面白いんだけど、当時と変わらない思想で人々の前で熱弁を振るう。最初はタチの悪いコメディアン扱いをしていた群衆が、1930年代の思想にじわじわと心を掴まれていく。彼の説法は現代でも十分通用したからだ…。コメディ映画として扱われているけれど最後は唸って終わります。これをドイツ人が作っているのも凄い。

 

 

 

 

バック・トゥ・ワーク。最後のテープ起こしに取りかかりまーす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



            

      初めての受験生活

2018.03.12 Monday


 

 

 

 

 


退院後の良い習慣。毎朝6時半に起きて勉強する。〜これが今のところ続いている。深夜2時3時まで起きてるのが好きな夜光虫の自分でもできている。早起きなんて子供にお弁当を作っているお母さんなら当たり前のことだし出来なくはないってことが入院して朝6時に叩き起こされてわかった。

 

 

 

アメリカから帰国した翌日から実は勉強は再スタートした。昼と夜にちんたらと。今までずっとDIYで教えてくれていた近所のミレちゃんは、昨年末に高知に行っちゃったから今は独学でやっている。文法もまだ完璧じゃないけど2冊の教科書は終わらせたので、あとはソウルの街で聞いて耳で覚えてしまった単語をきっちり正確に書けるようにするしかない状況。

 


今日のテーマは「ネタにするな」と言われている姪っ子の話。(許可もらいました・笑) 同じようにミレちゃんに教えてもらっていた姪っ子は、東方神起で韓国にハマったのが7、8年前。六本木のブラック企業に就職〜退職。東京で4年間働いて貯金をして、今月からソウルの大学の語学堂に留学した。同時期に「独学ごっこ」で勉強をスタートしたのに、姪っ子は先週、クラス分けテストも終わり、中級レベルのクラスから授業を開始した。私は人生ろくに勉強もせず生きてきたツケを今中野の自宅で払っている…。

 

 

成田に行く日、姪っ子が「ゆき姉が6月に受ける試験ていくら払うの?」と聞いてきた。「4000円」と答えると「4000円か。落ちたらまた受ければいいと思ってるでしょ?  私はもう2度と試験のお金は払いたくないって思って勉強したよ」と言った。

 

 

目からウロコ...まったくその通り。気がつかなかったけど。自分は勉強と向き合う覚悟がまったくできていなかった。指摘されてハッとし、自分の本気の無さ加減に愕然とした。冬季オリンピックでスケートの高木美帆選手が代表選手から落ちた時のことを「あの頃の自分には、絶対に次も金メダルを取るという覚悟がなかった」と言ってた、その言葉を思い出した。メダリストを引き合いにだすなんて図々しいのは百も承知ですけど、落ちたらまた受ければいいやと思っていたわけじゃなかったはずだけど、きっと思っていたのだ。本気っぷりが無さすぎた...

 


で。最近はスマホとパソコンを消し、SNSに使う時間を勉強に当てている。会社勤めじゃないので、フリーランスは自分で自分をコントロールしないとこうやって私みたいな怠慢な奴になって行くのだ。「忙しい」とSNSに書いている時間に単語は1つでも2つでも覚えられるってこと。あたりまえのことをやっていなかった。

 

 

ソウルの学食からランチ・タイムに「学食のご飯。これで300円♡」と送られてくる写メを見て指をくわえながら、頑張ろう自分と思う。羨ましすぎて... 

 

 

 

「나는 노력한다. 각오한다. 努力して覚悟する」という言葉が口ばっかりにならないようにしないと人生絶対に後悔する。それだは嫌だ。悔しすぎて。入院は夜光虫の私にリセットする機会を作ってくれたと思う。とにかくあと3ヶ月はこの状況を続けて試験に臨みます。初めての受験勉強。ではパソコンをオフにして夜の勉強を始めます。

 

 

 

留学を積極的に楽しむ姪っ子からの写メが励み!?  

これは韓国のデザート・パッピンス(ソルビンとも言う)♡ 丼ぶりサイズのデザートでお鍋をつつくみたいに女子友とスプーンで食べる。写真は多分...左がきな粉と小豆で下はなんだろう?  右がオレオとクリームのチョコ系? フルーツバージョンもある。しかしこのサイズ何人で食べたんだろ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



            

      BACK T⚾︎ SEATTLE !

2018.03.08 Thursday


 

 

 

 

 

本日は野球バカの野球ネタです。

 

 

 

 

 

 

やったぁぁああーーーー(T T) ようやくイチローの去就が決まった。嬉。

 


今年は報道されているように、メジャー・リーグの契約やトレードは大難航していた。あれだけ活躍した上原投手も帰国、ロッテの涌井投手も声はかからなかったらしい(良かったです〜w)  実力も必要だけど、必要か否かやタイミングや運も何かが起きる時、起こす時には絶対に関係ある。

 

 


性別も国籍も関係ない実力社会のアメリカと言われてるのに (実際はそうじゃないこと多すぎるけど…)、イチローを取らないなんて馬鹿じゃないの?  と思っていた。日本人だからの理由は関係なく、年齢(と年棒)という数字で切り落とす選手では絶対にないという意味。そもそも最近のメジャー・リーグ「間違ってないか?」と思うこと多い。「敬遠申告制」もひとつ。時間短縮なら敬遠は1試合で何回までと数を制限する方がまだいい。日本の高校野球も。と、書きたいことはたくさんあるけどこれ以上は野球仲間との飲み会にしとこう。

 

 

とにかく良かった。イチメーターを持って外野に通っていたエイミーさんも喜んでいるみたい。なんて知り合いでもないのにファンの心理はみんな同じだから気になってしまう。

 

 

そしてシアトルは素敵なCMを早速作ってた ! !  これめっちゃカッコイイ。これを見て少し安心した。なぜならイチローがシアトルを離れてヤンキースに行った頃、彼はチームで孤立していていい雰囲気の中にはいなかったから。"個人記録を狙ってる勝手な奴"と地元シアトルで辛辣な報道までされていた。記録を更新していたシーズンの「毎日吐いている」なんてインタビューなんかを読んじゃうとゲームを見ているのも何だか辛くて、ヤンキースそしてマーリンズに行ってやっと楽しく野球がやれているんじゃないかなと勝手に想像してホッとしていた。

 


という過去を思い出し、シアトルの人も大歓迎なんていう日本の記事なんて信じられなかった。ケン・グリフィーJrが戻った時だって、最後は低迷でしぼんで終わったからシアトル・ファンは「あの二の舞だろ?」 と思ってる人もいると思う。アスリートの最後なんて日本のプロ野球みたいに誰でも引退の花道なんてのはない。カル・リプケン・クラスだけだよ。日本も同じか。だから最初にシアトルに決まった報道を見た時は「シアトルか...」と少し複雑な気持ちになった。でもあの頃のチーム・メイトなんていないからまっ、いっか。

 

 

#1ドッグはヤンキースタジアムのステーキ・ドッグ♡

 

 

テレビ放映されれば昨年はDL入りしたけど、フェリックス・KING・ヘルナンデスの投球も毎回観られる!?  ドジャースでカーショウの投げる日とシアトル vs アナハイムの試合で大谷選手を見る日がうまく重なれば…今年は行き時だ ! (と毎年言ってるけど...) 昔みたいに成田−LAが39800円みたいな飛行機か北米行きのLCCが登場してくれないかな。ご飯なしでもいいです。コンビニでおにぎりとパン買って機内に持ち込むから(笑)

 


そんな計画に夢をたくしながら、昨年最下位の国内チームも今年から新監督でスタートする。並行してお仕事もスタート。まずは新人君たちの春期キャンプの数字をかき集めねば。どうなる今シーズンと自分 !?  ワクワクが始まる。野球ファンの皆様、今年もおつきあいをどうぞ宜しくお願いします。私も復活してバッティング・センター通いもスタート。お騒がせしてすみませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



            

     5泊6日入院物語・その3

2018.03.02 Friday

 

 

 

 

だめ押し…

 

 

きちんと自分の身体を管理できている人から見れば「何やっての?」という苦笑する出来事だけど書きました。治療に専念している患者さん(自分もだけど)に対し不謹慎な比喩かもしれないけど、21時に消灯というルールにベッド上でもがきながら、入院は何となくフライトと似てると思った。無理やり電気消されるし、自分の居場所(窓か通路か)がどこになるかで快適さに差が出るし、与えられたご飯を食べて映画やドラマを見て過ごすところも。

 

 

そんな不謹慎なことを呑気に考えていられたのも点滴の針を刺される瞬間以外、痛みとは無縁だったからだ。オペ室に向かう時も歩いて行き、手術の台にのぼり寝転がるところまでいつもの自分。そしてオペが終わってからも点滴で自由を奪われ、ただ時間をもてあましていたけど痛みは無かった。

 


入院前夜まで遊んでいたし「今のうち」と新大久保でサムギョプサルを食べおさめてた。運動もしているし好調だと自信を持っていた。でも2cm以上になると悪い腫瘍に変化する可能性が高まるポリープはすくすくと体の中で成長していた。ドクターに「このまま放置していたらどうなるんですか?」と聞くと「5年前になかったポリープがあるんだから、さらに育って詰まるだろうね」と言われた。体質で消える人もいるし成長する人もいるそう。年齢や生活習慣も関係ある。健診は心電図から血液検査、婦人科やマンモグラフィー等毎年欠かさずやっていた。この部分以外。

 


この失態をブログに書いたのは、友だちや思い当たる人に次のアクションを起こしてほしいためです。特にオーバー40歳の女性でマンモや婦人科検診の経験がない人。それはあり得ない。「やらなきゃと思ってる」は=やっていない。そんなこと入院ネタを書いてる私から言われたくないだろうけれど。

 

 

忙しい合間に読んでくれてありがとう。

 


最後におやつの写真。★パンプキン・ケーキ ★バニラアイスとチョコウエハース ★りんごのシブースト ★クレープ ★イチゴ牛乳のババロア。実はこれも治療食。クレープのクリームには油分はなかったけど美味しかったです。普段摂取している1/5くらいの甘さだけど。

 

 

さて韓国語の試験にむけて勉強します。やりたいことも行きたいところもまだたくさんある。野球シーズンもスタートだ♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



            
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」